抗うつ剤 副作用

抗うつ剤による副作用について

うつ病を発症し心療内科に行くと、抗うつ剤と呼ばれる薬を処方されます。この薬、うつには効くのですが副作用が出やすいという問題もあります。私の場合、頭痛や腹痛、更には手のしびれなどが出ました。

 

どうすれば副作用が出ないように出来るのかというと、とにかく医者と相談して様々な抗うつ剤を試してみるしかありません。数週間にわたり飲み続けて、どんな副作用がでるかをチェックするという行程になります。

 

少しでも副作用のような症状が出たら、医者にきちんと報告しましょう。とにかく自分の身体にあう抗うつ剤を発見しないことには治療が始まりません。私の場合は自分の身体にあった薬を発見するまでに半年かかりました。さらに自分にあった薬が発見できてもそこから半年ぐらいは薬を徐々に増やしていくという治療になります。

 

とにかく焦らずに身体にあう抗うつ剤を探し当てましょう。それが社会復帰への第一歩です。

抗うつ剤による副作用について関連ページ

うつ病で休筆とかあるんですね
以前好きだった漫画家が最近あまり活躍していないな、と思っていたらうつ病で休筆していたらしいです。
私の身近にいた、うつ病の男の人
以前働いていた会社に、うつ病の人がいました。
今思えばうつ病だったのかも、と思います。
病院を受診しなかったので、実際のところはわからないのですが、今思えばうつ病だったのかな?という時期がありました。
近所の人がうつ病になり離婚しました
近所のご主人が先日引越しのあいさつにこられました。どうやら、離婚して関西の方に行かれるらしいのです。
最近増えている若者の就職活動からのうつ病
うつ病にかかっている人は軽度なものから含めてもたいへんたくさんの人がいるそうです。その中でも、最近では就職活動期の人がうつ病にかかるケースも増えているそうです。
うつ病って、なまけ者のなる病気なんでしょ?精神的負担が引き金
世の中ではうつ病なんて気合が足りないからなるんだ、なまけるための言い訳でしょ、と思っている人が多数いると思います。
私がうつ病を克服できた訳。親との軋轢や受験失敗などが理由
私は18歳の時に親との軋轢や受験失敗などが理由でうつ病になってしまいました。

記憶障害 うつ病 うつ病体験談