記憶障害 リハビリ

記憶障害のリハビリはこれだ!

記憶障害のリハビリとして、トランプの神経衰弱など、記憶を思い出す訓練をすることも効果があります。人間の記憶には、覚えることと、思い出すことが対になった機能があります。この覚えることと、思い出すことを繰り返すことで、脳の神経が活性化し、記憶障害を改善する効果が期待できます。記憶は符号化されて脳に蓄積していきます。頭の中で処理しやすい形で記憶されていくんですね。脳は思い出すときに、符号化された記憶を辿り、検索するように必要な情報を取得します。記憶障害は、この2つの機能が何らかの原因によって、正常に機能しなくなることにより起こります。リハビリは毎日少しずつでも行うと効果があります。

 

うつ病による記憶障害を治すオススメの方法

サプリメント「マインドガード」

心のストレス耐性を上げて、うつ病を改善できます。 頭がボーッとするときとスッキリしているときの差が激しい人にオススメ。 当サイト管理人はこのサプリメントを飲み始めてから、 突然頭が働かなくなることがなくなりました! 人の話もしっかり聞くことができています。

マインドガード公式サイト
マインドガード

 

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術

わずか30分で1000の単語を覚えられ、10倍のスピードで覚えることができるとしたら・・・あらゆる難関資格や難関大学に計3万人を合格に導いた”日本一の記憶王”による常識を覆す勉強法の全貌をお伝えします。

授業中にノートをとらなくても話を聞くだけで記憶することができる。
勉強に苦痛を感じることなく、最速で記憶することができる。
知らない言葉や長文でもインプットすることができる。
1日で100ページの本を完全記憶することができる。

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術

 

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

「うつから解放されたい」うつを治すために病院やカウンセリングに通ってもダメだったのに、ある方法を使ったら、心がスッ〜と軽くなりました!!

病院に通っているのに良くならない・・・
毎日が辛くてたまらない・・・
元気な頃の自分に戻りたい・・・

そんな不安を吹き飛ばす方法をお教えします!
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

記憶障害は20代でも30代でも、年齢に関わらずに起こる可能性があります。アルコールによっても、記憶障害と同じような状態になることがあります。お酒を飲んだ後に、自宅に帰るまでの道のりを思い出せなかったり、電話がかかってきて1時間以上の話をしても、電話をしていたこと自体を忘れてしまうことがあります。
アルコールの場合は、ウコンの力のような商品を飲んで、酔いすぎないことでも記憶障害は避けられます。飲むタイミングはアルコールを摂取した後です。ウコンの力はクルクミンがアルコールの分解を助けるので、アルコールの後でないと効果が半減します。
記憶障害はアルツハイマーと似ていますが、違うので、間違えないようにしましょう。アルツハイマーの初期症状として、軽度認知障害や、知的能力の低下、睡眠障害、幻覚などが起こります。記憶障害と思っていて、このような症状がある場合は、医師に相談しましょう。

記憶障害のリハビリはこれだ!関連ページ

短期記憶障害の原因
短期記憶障害の原因を知って、解決策を考えましょう。
記憶障害の症状と改善方法
記憶障害は症状によって改善方法が違います。あなたの原因を見つけ、改善策を考えましょう。
ストレスで記憶障害 改善方法とは?
記憶障害はストレスで発症することがあります。改善策をお伝えします。
ADHDの子どもは記憶障害になりやすい?
注意欠陥・多動性障害のADHDの子どもは記憶障害になりやすいのでしょうか。

記憶障害 うつ病 うつ病体験談